お金を借りたいならあなたにピッタリの専用窓口で申し込もう。

キャッシング申し込みおすすめサービス

ランキング1位プロミス
  • 無利息期間
  • 低金利
  • 迅速審査
  • 即日融資
  • 高額融資
プロミス画像

プロミスレディース画像
Webで来店不要で契約可能、必要書類の提出をメールで行える。当日振込みが可能。
早く借りたい方は「フル入力」を選んで、とにかく審査開始まで急いで進めるのがおすすめ!
入力の手間を省きたい方は、「カンタン入力」で項目の半分を電話で回答できます!
※無利息期間はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※また当日振込は、平日14時までにWEB契約完了が必要。

ランキング2位モビット
  • 電話連絡なし
  • 迅速審査
  • 即日融資
  • 高額融資
モビット画像
Web完結申し込みならスピーディーで電話連絡、郵便物がなし。
※即日融資は14:50までの振込手続完了が必要、また審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
ランキング3位アコム
  • 無利息期間
  • 迅速審査
  • 即日融資
  • 高額融資
アコム画像
最短30分で審査ご回答!はじめてでも来店不要・最短1時間で融資可能な振込によるキャッシングもご利用できる。
ランキング4位アイフル
  • 無利息期間
  • 低金利
  • 迅速審査
  • 即日融資
  • おまとめローン
アイフル画像
ネットから1秒で融資可能か即診断、ネットで全てが完結、来店不要。
ランキング5位新生銀行カードローン レイク
  • 無利息期間
  • 即日融資
レイク画像
はじめてならキャッシングした日から30日間無利息、または5万円まで180日間無利息、のどちらかを選べる2つの無利息ローン!急な時でも即対応で安心。
※即日融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合となっております。
ランキング6位福岡銀行
  • 超低金利
  • 土日・祝日
福岡銀行画像
来店不要、口座が無くても申し込みOK!土日、祝日でも申し込みができる。

初心者でも大丈夫

誰にでもお金が足りない、急に必要になった、という時はあるものです。
そんなとき頼りになるのは消費者金融のキャッシングです。
そこで初心者のためのキャッシング申し込みについて解説します。

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融のメリット・デメリットの画像

そもそも消費者金融とはどういうものでしょうか。 お金を借りると言って思い出されるのは銀行、信用金庫、信用組合などでしょう。
これらの金融機関でお金を借りる際にはどのような手続きが必要でしょうか。

まず、申し込みに際して数々の書類を提出しなければなりません。免許証、保険証など身分を証明する書類、途泉徴収票や所得証明書などの収入を証明する書類、場合によっては保証人を求められることもあります。
そして銀行などの金融機関の場合、使い途を問われることが多いです。
住宅資金だとか車の購入費だとか子供の教育資金などが代表でしょうか。
同時に返済方法、期間を定められることが多いです。
そして審査の後、無事融資がなされることになった場合、契約書類を交わして自分の口座に入金されるというのが一般的な融資の流れです。

実はそのとき契約書が自宅に郵送されて来ます。
これこそが銀行等の金融機関と消費者金融のキャッシングとの大きな違いと言えるのではないでしょうか。

消費者金融のキャッシングの場合、申し込みの際家族に内緒かどうか、契約書等の郵送は可か不可かを問われます。
ここで家族に内緒、郵送不可と答えておけば家族に知られることもありませんし、契約書などが家に送られてくることもありません。

さらに消費者金融のキャッシングでは一般的に審査が早いです。
銀行など金融機関では早くても3日から1週間程度はかかります。
消費者金融では通常、その日のうちに結果が出ます。
そして早ければ申し込みから実際にお金を手にするまで最短1時間で済む場合もあります。
これらの融通性の良さが消費者金融でお金を借りることのメリットと言えるでしょう。

しかし、消費者金融では銀行等と比べて一般的に利息が高いのがデメリットです。
銀行等で目的のある融資を受けた場合、ほとんど年利10%以下で借りることができます。
消費者金融の場合、利息制限法いっぱいいっぱいの利息になるのが通常です。金額により異なりますが15%~20%です。

キャッシングの申し込み・審査について

キャッシングの申し込み・審査の画像

消費者金融でのキャッシングの申し込みには専用窓口に直接行く場合と、無人の契約機に行く場合があります。
最近ではネットでも申し込みができますが、いずれ書類のやり取りが必要になってきますので専用窓口か無人契約機に行くのが無駄がないと思われます。

専用窓口でも無人契約機でも基本、申し込みの仕方は同じです。
まず、申込書に必要事項を記入して、身分証明書、収入証明書などを提出します。
窓口の場合は担当者がコピーを取ってくれますのでこちらが準備して行く必要はありません。
無人契約機の場合は画面タッチで必要事項を入力し、書類の提出は指定された枠に沿って書類を置けば自動でスキャンされるようになっています。
こちらの場合もあらかじめコピーを取って持って行く必要はありません。

一通り申し込みが終わればいよいよ審査に入ります。
と言ってもこの時点ではほとんど審査は終了しています。
書類を記入している時間、無人契約機ならひとつひとつ情報を入力している間に実は裏では着々と審査が進んでいるのです。
何も問題なければあとは契約書を交わしてキャッシング用のカードをもらって終了です。
最短1時間でお金を手にすることができます。
サービスによっては自宅や勤務先に存在確認の電話を入れる場合がありますが、もちろんキャッシングサービス名などは名乗りません。
個人名で友人のようにさりげなく電話を入れてくれます。

スマホやパソコンでインターネットで申し込みをする場合、仮審査はすぐに終わります。
ネットで必要事項を入力するだけで一次的な審査は終わり、その場ですぐに返事が返ってきます。
問題がなければ身分証明書や収入証明書などを郵送または、メール送信することになります。
電話の申し込みの場合もほぼ同様の手続き、流れになります。

キャッシングカード利用方法やサービス

キャッシングのカードは通常、銀行などの金融機関の利用時間より長く使えます。午後8時くらいは当然でサービスにより午後10時でも使えるところもあります。
カードは借り入れの時にも返済の時にも使います。どちらも暗証番号を入力して借り入れまたは返済をするようになります。
返済の時には今回の必要返済額が画面に表示されますので間違いのないように入金することが重要です。

返済方法について

消費者金融の返済方法の画像

キャッシングの場合、返済方法はほとんどの場合リボルビング払いになります。
リボルビング払いとは毎月あらかじめ設定した金額を支払い、その中に利息分と元金相当分が含まれるという方式です。例えば毎月1万円の支払いと決まっている場合、その中の3千円が利息相当分、残り7千円が元金返済分という具合です。

元金が毎月減っていくので同じ1万円の支払いでも中身が変わってきます。1万円のうち利息相当分が減って例えば2千5百円となれば元金充当分が7千5百円になるということです。

そしてキャッシングの場合、多くは繰り返し利用ができます。契約当初は融資枠というものが決められていて例えばそれが50万円であればその枠内であれば何度でも繰り返し借り入れができるというものです。
当然、繰り返し利用するということはそれだけ利息の支払いが長引くということですからきちんと計算して計画的に利用する必要があります。

また、返済は決められた日までにきちんとするということが重要です。
キャッシングサービスも営利企業ですから甘くはありません。
返済が滞ればまず携帯電話に連絡が入ります。
それでも支払いがなされない場合は自宅に電話が入ります。次は勤務先へと進んでいきますので、支払いはきちんとしなければなりません。
それでも最初に携帯電話に連絡を入れてくれるのは優しい方だと言えます。
甘えは禁物と心掛けましょう。

申し込み書類について

キャッシングの申し込み、審査に当たっては数種類の書類が必要となります。
運転免許証・健康保険証などの身分証明書、源泉徴収票・給与明細・所得証明書などの収入を証明する書類などが必要です。

初めての利用で金額が50万円以下の場合は、ほとんどこれだけの書類で審査を受けることができます。
金額が多い場合や収入が低いとみなされた場合などはこの他に保証人を求められるケースもあります。
保証人を求められると保証人になってくれる人を見つけてその人に保証書に署名してもらわなければなりません。その手間暇は相当かかります。
と言っても初めての利用で50万円までなら、それなりの収入があればまず問題なく通ります。

使えるATMが多いから便利

使えるATMの画像

キャッシングのカードはその会社のATMはもちろん、最近では各キャッシングサービスも多くの金融機関と提携していますのでその金融機関のATMでも利用できます。
利用できる時間帯、曜日などはそれぞれの金融機関で違うので頻繁に利用する店舗はチェックしておくとよいかもしれません。
また、提携金融機関では借り入れはできるけれども返済はできないというケースもあるようですのでやはり事前に調べておくことをお勧めします。

初めてキャッシングでお金を借りようとする場合、ATMがたくさんあるサービスを選ぶというのも利用法のひとつでしょう。
後々の利便性を考えると自宅や勤務先の近く、あるいは出かけた際の街中に多くあると便利が良いですよね。
駐車場が完備されているというのも見逃せない条件のひとつです。

キャッシング申し込みのまとめ

このように消費者金融が提供するキャッシングは利便性がウリです。
銀行などの金融機関に比べ審査に要する時間が短い、ATMの利用時間が長い、カードが繰り返し使えるなどのメリットがあります。

昨今ではカードの利用過多などの問題も取り沙汰されていますが、要は自覚です。
誰でも急にお金が必要になったり、どうしても家族に言えないお金を用立てなければならないといった事態が起きるものです。
そんなときキャッシングは強い味方になります。計画的に利用し、賢く使えばこれほど心強いものはありません。
いざという時のために1枚は持っておきたいものです。

最新情報

2017年4月5日
キャッシングで増額したい時の注意点と他の解決方法
2015年9月1日
銀行でお金を借りるのに必要な条件
2015年8月20日
学生でも銀行でお金を借りることができます
2015年5月20日
クレジットカードでお金を借りる方法
2014年3月20日
返済がきつくなったらおまとめローンで身軽になろう!
2014年3月17日
審査時間って何してるの?審査が早い業者はどこ?

このページの先頭へ